30代からのエイジングケア(目元のくま)

「なんだか最近、顔疲れてるな、、、」

鏡をみてそう思うことありますよね?

 

実は疲れ顔の原因は「目の下のクマ」であることが多いんです。

目の下にクマができると疲れた印象や老けた印象を与えてしまいますが、

これは睡眠不足だけが原因でできるものではありません。

クマにも種類があり、その種類に応じて原因が違います。

それぞれのクマにあった解消方法があります。今回は目の下にできるクマについてご紹介します。

「茶クマ」

目の下に小さなシミが連なるようにできている状態です。目の周りで色素沈着や角質肥厚を引き起こし、茶クマができます。

 

「黒クマ」

黒クマはハリや弾力が低下し、たるみができることが原因
早い段階からハリや弾力をキープするためのスキンケアや生活習慣の見直しを行なうことが大切です。また、顔の筋肉強化や、ムクミを招くような食事や飲み物を控えたり、目のまわりのツボ押しなどを行ない、加齢に負けない肌作りをしましょう。

「青クマ」

青クマは睡眠不足などによる目の周りの血行不良などが原因。この毛細血管が血行不良になると、毛細血管は青くなりそれが皮膚を通して見えるので青いクマになります。

 

コンジュプリンセスソープ(ラグジュアリー)はこのクマにも大変好評です。

肌の代謝を良くしクリアな目元へのサポートをします。

さらに

黒クマや青クマは解消法で最も簡単な方法とは、

 

とにかく暖める!目の周りの血行を良くすることが大事なんです。

濡らしたタオルを電子レンジに入れて(役1分)

この蒸しタオルを10分間めの上にのせる。

試しにこれを毎日、1週間試してみたら本当にクマが無くなったんです。

 

目のくまが解消されるだけで5歳は若返りますよ。ぜひ試してみたください。