30代からのエイジングケア(髪の毛のつや)

実年齢よりも若く見られるには髪の毛のつやなんです。

『若さ』って髪の毛のつやで見違えるってご存知ですか?

 

頭皮のたるみによるうねりを解消するには、頭皮のエイジングケアを考えましょう。ポイントは保湿と血行促進です。

 

血行促進には頭皮マッサージがおすすめです。頭皮マッサージは手でもよいですが、ブラッシングが簡単で効果的です。ブラッシング専用のブラシを使うと、頭皮に適度な刺激を与えられると同時に、髪自体にもつやを出すことができます。

さらに、つやのあるきれいな髪が生えてくるように、毛穴の汚れは毎日しっかりと落としましょう。そのために、正しいシャンプーの方法を実践しましょう。

 

これ、本当にやるとやらないとでは、『若さ』に格段に差が出ます!

  • シャンプーで洗う前に、お湯で汚れをしっかりと落としましょう。シャンプー後にすすぐのと同じくらいしっかりと洗います。
  • シャンプーの液が頭皮全体にいきわたるように、シャンプーは手にとり、泡立ててからつけます。
  • ドライヤーは頭皮を乾かすように使いましょう。毛先には極力当てないようにしましょう。
  • 洗うときは指の腹で頭皮をマッサージするように、しっかりと洗います。爪を立てたり力を入れすぎたりすると、頭皮を傷つけてダメージの元になるので気を付けましょう。
  • すすぎは特にしっかりと行いましょう。シャンプーが頭皮に残ると毛穴のつまりの原因になります。
  • シャンプーのつけすぎに注意しましょう。市販のシャンプーは洗浄力が強いので、少量でも大丈夫です。シャンプーをつけすぎると洗い残しの原因になります。

髪の毛の健康は、頭皮が鍵となるわけですね。

毎日の何気ないケアが、「若さ」をキープします。